サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【寝る時のオムツの卒業には夜用パッドから取り組むと効果的】

現在5歳で年中の息子は、夜寝る時だけオムツを履いている。

日中はパンツを履いて生活しているのだが、ほとんど漏らすこともなくトイレにも自分から行く様になった。

 

一番上の長女の時は、やはり一人目ということもあってトイレトレーニングに苦労した記憶がある。

親としても初めての子育てで、長女に対しても色々と負担を掛けてしまったと思っている。

 

その反動という訳ではないが、2人目である息子、3人目の次女にはトイレに対して「焦らず・焦らせず」の精神で取り組んでいる。

 

そんな息子だが、

「そろそろ夜もオムツが要らないのでは?」

という話になって、思い切って外して寝かせてみることにした。

今回はその話について記したいと思う。

 

 

 

おねしょ対策の夜用パッド

一応我が家では、息子が寝る布団のカバーの中におねしょシーツを仕込んでいる。

その為、もしもお漏らしをしても直接布団にまでダメージが行くことは無いように対策済み。

 

とはいえ、早速パンツにして寝かせるには少し心配があったので、ピジョンの「朝までぐっすり さらさらパッド」をパンツにセットしてみることにした。

 

 

 

こちらをパンツにくっつけるだけ。

f:id:satkoto:20180917110354j:image

 

「早くパンツーマンになりたい?」

と聞くと、

「なりたい!」

と嬉しそうに応える息子。

 

「パンツで寝る様になる」という目に見える分かりやすい成長が、また息子の気分を高めているのだと思う。

 

寝る前の息子。しっかり寝る前にトイレを済ませ、布団へ。

f:id:satkoto:20180917110447j:image

 

その後は、興奮することもなくいつもの様にしばらく遊んでから就寝へ。

 

翌朝

まだ寝ている息子。敢えてチェックはしないで楽しみに取っておくことにした。

f:id:satkoto:20180917110500j:image

 

その後、息子が起きて来て早速トイレへ向かっていった。

 

「おしっこどうだった?」

と聞くと、眠いからかテンション低めで

「出てない」

とだけ答える息子。

「出来て当然だよ!」という想いも何となく感じ取れた。

 

丸サインをする息子。眠くてもう片方の手が動いていない。

f:id:satkoto:20180917110512j:image

 

予想通り、ちゃんとお漏らしせずに夜寝ることが出来ていたので一安心。

 

 

まとめ

トイレトレーニングは、色々な要素・環境で変わってくる為非常に難しい。

レーニングする親が共働きなのかどうかだったり、祖父母が面倒を見てくれるのかどうかにもよって違う。

また、目指している幼稚園に入園させるための条件として、

オムツが外れていることが必須

なんていう高レベルのところもあって、早い時期からトレーニングをさせている家庭もある。

レーニングの対象の子供が何番目の子なのかによっても、教え方や開始時期も変わってくるだろう。

 

何よりも、子供一人一人によって体の違いがあるのだから、同じ様に成長する訳でもない。

 

我が家としては、「小学校入学までには完全にオムツを外れていればいい」というのが目標でもあるので、その点では順調に進んでいると考えている。

 

「後は夜の寝ている時だけクリア出来れば卒業!」

というステップまで来ている子供がいる家庭であれば、この夜用パッドでまずは試してみるのも良いかと思う。

 

 

 トイレトレーニングに関するこちらの記事もどうぞ。

 

satkoto.hatenablog.com