サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【子どもの成長の証として足形を残そう】

休みの日の午前中、長女の夏休みの自由工作の宿題で、絵の具を使う作業があった。

 

作業も終えた頃、奥さんから

「せっかく絵の具を使っているから、子どもたちの足形を残そうよ!」

という話になった。

 

実は、2年前にも一度足形を残している。

どれだけ成長したか比較も出来るし思い出にも残るので、早速実行に移すことにした。

 

 

 

足の裏を塗り塗り

足形をやるには、足の裏に絵の具で色を塗るところから始まる。

誰がどの色にしたいかそれぞれ決めた後、お風呂場で作業開始。

 

息子は青色。「ウヒャヒャヒャ」と、とにかくくすぐったいらしい。

f:id:satkoto:20180807202158j:image

 

続いて長女。変装したトランプマンの様に真っ赤。

f:id:satkoto:20180808121355j:image

 

最後は次女。とりあえず嫌がられる中、黄色く塗る。

f:id:satkoto:20180808121701j:image

 

完成!

色紙にそれぞれ足形を取って完成したのがこちら。

f:id:satkoto:20180808121923j:image

 

上2人については、土踏まずの部分が上手く形が取れなかった。

ある意味成長の証とも捉えられるので、良しとしよう。

 

ちなみに下の写真が2年前の足形。

f:id:satkoto:20180808122127j:image

 

2枚並べて比較すると、、(右が今回)

f:id:satkoto:20180808122219j:image

息子の足が長女とほぼ同サイズになっているのが何となくわかる。

そして、やはり次女の足が大きく成長している。

 

普段毎日一緒に過ごすと気づきにくいところが、こういう形で見ると改めて次女の成長を感じることができる。

 

まとめ

思い出の品は、決して写真だったり、子どもたちの作品だけではない。

 

せっかく2回目も残した訳だし、これからも一定の頻度で足形を取っていこうと思う。

 

きっといつか大切な家族の思い出になるはずだから。