サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【房総半島一泊旅行】道の駅 ちくら潮風王国編

先週末、兼ねてより計画していた房総半島への一泊旅行へ行ってきた。

 

簡単な旅行スケジュールとしては以下だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆7/22

〜12:00  道の駅 ちくら潮風王国 到着

12:00〜13:00  同施設内にて昼食

13:00〜15:00  磯遊びなど

〜17:00  鴨川市へ移動。鴨川館にて宿泊

 

◆7/23

〜9:00  チェックアウト

9:30〜13:00  鴨川シーワールド

13:00〜14:30  周辺にて昼食

14:30〜   帰路へ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回の第一弾は、「道の駅 ちくら潮風王国」について紹介したいと思う。

 

 

 

市原サービスエリア

旅行の移動手段は車で、まず最初に立ち寄ったのが館山自動車道の「市原サービスエリア」。

 

房総の入り口らしく、どことなく南国ムードを感じる。

f:id:satkoto:20180724143045j:image

 

立ち寄った目的はトイレ休憩だったが、せっかくなので施設内を散策。

 

やはりサーフィンや海水浴目的の旅行客が多く立ち寄る様で、サーフボードやビーチサンダル、日焼け止めなどが売られている。

f:id:satkoto:20180724143550j:image

 

千葉県の名産品である「マックスコーヒー」。

市原サービスエリアの下り線のみの限定商品らしい。

f:id:satkoto:20180724143747j:image

 

同じく下り線限定のピーナッツバタークリーム。

f:id:satkoto:20180724143943j:image

 

ちくら潮風王国に到着

予定より早めの11時頃に到着したので、まずは腹ごしらえをすることに。

 

旬膳 はな房

お昼ご飯はこちらの「はな坊」さんで、海鮮料理をいただくことに。

ちなみに、「じゃらん道の駅大賞2017[関東編]」で人気ランキング第8位らしい。

f:id:satkoto:20180724144353j:image

 

まだ11時過ぎで空いていたので直ぐに案内された。テーブル席もあるが、小さい子連れなので座敷を希望。

f:id:satkoto:20180724144449j:image

 

なお、テーブル席を選ぶと窓越しに太平洋を一望できるロケーションとなっている。

 

こちらがメニュー一覧。

※ホワイトボードに書かれているものは、変動するのでご参考まで。

f:id:satkoto:20180724144800j:image


f:id:satkoto:20180724144744j:image


f:id:satkoto:20180724144752j:image


f:id:satkoto:20180724144805j:image

 

早めに到着したが故に、あまりお腹も空いていなかったので、単品で幾つか注文。

家族で分け合って食べることにした。

 

アジフライ(4枚で1セット)。柔らかくて美味しい。

f:id:satkoto:20180724145124j:image

 

刺身の盛り合わせ。

f:id:satkoto:20180724145214j:image

 

名物のサザエも付いている。

f:id:satkoto:20180724145308j:image

 

他に単品のご飯を頼んだが、これだけでもかなりボリュームがあって満腹となった。

また、我が家は頼んではいないが、海鮮丼もアジフライが無料サービスで付いていて、結構な量だった。

 

こちらのお店は、よくテレビ番組の取材も受けるようで、多くの著名人のサイン色紙が飾ってあった。

 

高田純次さんの色紙は、レジ横に掲載。

f:id:satkoto:20180724151423j:image

店内を出た12時頃には既に満席。

順番待ちのお客さんも数組いたので、早めに利用した方が良さそう。 

施設内を散策

施設内には、お土産や新鮮な魚介類を販売するお店で賑わっていた。

 

サメのふかひれ。

f:id:satkoto:20180724203656j:image

 

各店舗の人気商品一覧。

f:id:satkoto:20180724203720j:image

 

サザエのUFOキャッチャー。

f:id:satkoto:20180724203741j:image

 

さかなクン関連。

f:id:satkoto:20180724203804j:image

 

水遊び

さて、ようやく本日のメインイベントである水遊び。

 

磯遊び

すぐ横が海になっていて、こちらの岩礁で「磯遊び」ができるエリアになっている。

f:id:satkoto:20180724203835j:image

まさに大自然そのもので、多くの子どもたちが磯遊びに励んでいた。

※磯ものの捕獲は、漁業権から禁止なので要注意。

f:id:satkoto:20180724203915j:image

 

カニと小魚をゲット。最後は海に帰してあげた。

f:id:satkoto:20180724203942j:image

 

f:id:satkoto:20180724204023j:image

 

じゃぶじゃぶ池

一通り海で遊んだ後は、芝生エリアにあるじゃぶじゃぶ池へ移動。

f:id:satkoto:20180724204419j:image

芝生エリアは、約2,000坪の敷地で滑り台やブランコも併設されている。

何組かは、簡易テントを設置して日光浴を楽しむ家族もいた。

 

この第一千倉丸という船は、実際に乗船可能で船内を見学できる。70トンクラスの漁船のレプリカらしい。

f:id:satkoto:20180724204451j:image

 

池の水は海水を引っ張ってきているが、海よりも水温が暖かく気持ちがいい。

f:id:satkoto:20180724204625j:image

 

まとめ

レジャーに食事とまさに一日遊べる道の駅。

子どもたちも宿泊先へ移動するのを惜しんで、少々説得が必要だったほど気に入った様子だった。

 

移動中の車内では、息子と次女はぐっすりお昼寝タイムに入り、遊び疲れていた。

 

「また来ようね!」

と約束したので、来年も是非訪ねたいと思う。

 

この後の宿泊先である鴨川館へ向かったが、続きはまた次回にて。

 

施設概要

名称

道の駅ちくら 潮風王国

営業時間

8:3017:00 (休業日:毎週水曜)

電話番号

0470-43-1811

所在地

295-0025  千葉県南房総市千倉町千田1051

交通()

館山富津自動車道 → 富浦I.C. → 千倉

交通(電車)

JR千倉駅(館山日東バス 白浜千倉線・約15分) 大川停留所下車(徒歩5分)

その他

1月〜4月・8月は休まず営業