サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

サッカーW杯【日本vsポーランド】ジンクスは関係ない!決勝トーナメント進出おめでとう!

W杯開幕以来、寝不足続きの6月。

その一因となっているのが、我らが日本代表の躍進だ。

 

今大会、強豪国の苦戦が多く、遂に昨日は前回王者ドイツが最終戦で韓国に0-2で敗れ、史上初のグループリーグ敗退となってしまった。

これもまたW杯の醍醐味とも言えるだろう。

 

 

 

前回王者のジンクス

「W杯に優勝した次の大会の成績は悪い」

こんなジンクスがある。

  • 1998年優勝フランス→グループリーグ敗退
  • 2002年優勝ブラジル→ベスト8
  • 2006年優勝イタリア→グループリーグ敗退
  • 2010年優勝スペイン→グループリーグ敗退
  • 2014年優勝   ドイツ→グループリーグ敗退

過去5回の内、実に4回がグループリーグ敗退しているのだ。

 

2連覇の期待も相当なものだろうし、対戦国も分析や対策に一段と力を入れてきているのもあるだろう。

 

韓国代表と日本代表の負のジンクス

さて、日本代表に関するジンクスも一つある。

こちらだ。

「韓国代表がグループリーグを突破出来ない時は、日本代表もグループリーグ敗退する。」

 

日本代表が決勝トーナメントに進出した、2002年、2010年は韓国も進出している。

1998年、2006年、2014年は両国共に敗退しているのだ。

 

ポーランド代表のジンクス

ポーランド代表は、過去のW杯ではいずれもグループリーグの2試合を連敗し、決勝トーナメント進出を逃している。まさに今回のロシアW杯と同じ状況だ。

だが、3試合目の最終戦だけは必ず勝利をしてW杯を終えているのだ。

このジンクス通りであるならば、最終戦に日本代表は負けてしまうことになる。

 

日本代表のジンクス

日本代表だけに限って言えば、

「8年おきに決勝トーナメントに進出している」

とも言える。

 

そんな、相性の良いジンクスと悪いジンクスが入り乱れる中、ドキドキハラハラだったが見事に決勝トーナメント進出した日本代表おめでとう!

 

最後はフェアプレーポイント目当ての試合運びをしたが、まさに本田圭佑が言っていた通り「何としても次に進みたい」を実行した試合になった。

f:id:satkoto:20180629011841j:image 

 

f:id:satkoto:20180629005616j:image

 

これで7月もしばらく寝不足決定だが、4年に一度のサッカーの祭典を楽しみたいと思う。