サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【ボルダリング】が流行っている!?早速試してきた

ボルダリングと言うスポーツをご存知だろうか?

 

ボルダリングは、スポーツクライミングの一種。

"ホールド"と呼ばれるカラフルな石をつかんで、5m以下の壁を登る誰でも気軽に始められるスポーツである。

このスポーツクライミング2020年の東京オリンピックの追加種目にも正式決定されていて、まさに今注目のスポーツなのだ。

 

先日、自分も長女と一緒に千葉県は印西市にあるアウトレットモールBIG HOP内にある「Rocky 印西店」で初めてボルダリングを体験をしてきた。

本記事では、ボルダリングに興味がある人を始め、知らない方にも自分と同じように興味を持っていただければと思う。

 

 

入店まで

今回は、首都圏に6店舗を構えるRocky 印西店までお出かけしてみた。

この印西店は、国内最大級の敷地面積を誇り、最大収容人数は320人。

駅からの近さだけでなく、ショッピングモール内という立地の良さも魅力。

 

施設概要

名称

ROCKY(ロッキー) 印西店

営業時間

10:0023:00 :無休(ルートセット日を除く)

電話番号

047-636-7758

所在地

千葉県印西市1-2 BIG HOPガーデンモール印西 モール棟2

交通

北総線「印西牧の原」駅 徒歩約3

 

www.rockyclimbing.com

 

お店の入り口。

f:id:satkoto:20180624165131j:image

日曜日の10時半前に着いたが、1組ずつ丁寧に受付対応をしているので、入店までに30分近く掛かった。(写真は退店後に撮影したもの)

 

会員登録

初めての方は会員登録がまず必要だ。ビジター利用という会員登録が不要なプランもあるが、割高でもあるため選択肢からは除外した。

 

大まかな手順は写真の通り。QRコードを読み取って事前登録をしておくと入店時の手続きがスムーズだ。

f:id:satkoto:20180624172441j:image

 

受付では、レンタルシューズとチョークの必要有無を問われるので、今回はレンタルシューズのみ借りて代金と合わせて支払った。

 

入店後から開始まで

着替え

入店後は、まず更衣室で着替えるのだが、今回はそのまま適した服装で来たのでパス。

ポイントとしては靴下を必ず履いてくる事、女性だとスカートはNGだ。

 

ビデオで概況説明視聴と靴の履き替え

次は約5分ほどのビデオ視聴。

f:id:satkoto:20180624173302j:image

この後に、実際にスタッフがレクチャーしてくれるのでより一層安心。

視聴後はレンタルシューズに履き替えて準備終了。

f:id:satkoto:20180624173412j:image

 

いざボルダリング

いよいよ、ボルダリング開始。スタッフの方がルールや注意事項を説明してくれるのだが、自分や子どもに実際に登らせながらレクチャーしてくれるので分かりやすい。

 

難易度

簡単にルールを説明すると、ホールドには全てテープで色分けされていて、同じ色のみを掴んでゴールへ向かう。

つまり、どれでも掴んでいい訳ではないので、いかにして動くか「頭脳ゲーム」でもあるのだ。

 

こちらがグレード表。親子共に7級位までが今日の限界だった。

f:id:satkoto:20180624213553j:image

 

 

こんな感じで登っていく。

f:id:satkoto:20180625122937j:image

 

他にもたくさんのがある。

f:id:satkoto:20180625123151j:image
f:id:satkoto:20180625123147j:image

 

まとめ

今回は最少である一時間のプランで申し込んだが、楽しくてあっという間に時間が経ってしまった。

 

子どもだけが参加して、大人は見学者として入店できるプランも用意されているので、状況に応じてプランも使い分ける事が可能だ。

 

その場合、入場料として300円/1名。

f:id:satkoto:20180625123537j:image

 

休憩スペースも完備。

f:id:satkoto:20180625123654j:image

 

最後に、北総鉄道発行の無料冊子にも、タレントの稲村亜美さんによる「Rocky 印西店」が4ページにわたって紹介されていた。

f:id:satkoto:20180625124023j:image
f:id:satkoto:20180625124018j:image

今注目のスポーツ、ボルダリングで日頃の運動不足やストレス解消に取り組んでみてはいかがだろうか。