サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

散髪は1,000円カットがオススメな4つの理由

仕事帰りの今日、いつも行っている1,000円カットで散髪をして来た。

 

今となってははっきり覚えていないが、結婚して一人目の子が産まれた頃から、それまでの美容室でのカットを止めて、1,000円カットに切り替えた。

 

そんな1,000円カットについて今日は触れたいと思う。

 

 

1,000円カットで散髪する理由

自分が1,000円カットに通う理由は4点ある。全て当てはまらないにしても、「確かにそうそう!」とその内の幾つかに共感していただける方もいるだろう。

 

滞在時間が短くて済む

1,000円カットの場合、希望するスタイルを伝えたら後はひたすらカットするだけ。

当然、カット後のシャンプーもないし、セットもない。時間にして約10分だ。

美容室の場合、早くても大体1時間位は掛かる。一日の時間を自分の好きな様に使える独身時代と違って、奥さんや子どもたちとの時間を大切にしたいから、滞在時間が短い1,000円カットが好きだ。

 

無駄な会話がない

人との関わりが嫌いとか人見知りが激しいという訳ではないが、1,000円カットでは基本的に一言も喋らない。美容室だとスタイリストやアシスタントの方と、趣味だったり仕事の話とか色々と会話をしながら過ごす、という流れがあると思う。

時には、会話が途切れてしまって気まずい雰囲気が出たりとか、この店員さんとはちょっと会話が合わない、と言ったケースもある。

この様な変な気遣いが要らない点もまた1,000円カットの良いところだと思う。

 

予約が不要

美容室の場合、お店に電話またはHPなどから事前に予約する必要がある。いつもカットしてもらっている希望のスタイリストがいるとしたら、お店の空き具合だけでなくそのスタイリストの状況にも左右されてしまう。場合によっては、自分が行きたい日時に行けずに日程を再調整する必要が出てくる。

対して、1,000円カットであれば自分が行きたいと思った時に行くだけでいい。もちろんお店が混んでいて順番待ちになることもあるが、総滞在時間としては美容室と比較しても短くて済む。

そして何より安い

最後はもちろんその安さだ。これが最大の魅力で1,000円カットに通う方も多いのではないだろうか。自分が以前通っていた美容室だと大体カットとシャンプーで4,000円程度だった。つまり今の4倍のお金を払っていた事になる。

それまでは、カットに行きたくてもお金が勿体無くて我慢していたこともあった。でも今は、カット代が安いので髪が伸びてきたら気軽にお店に行ってカットしてもらっている。

 

まとめ

自分が1,000円カットに通う理由は以上の4つから成る。

その昔、眼鏡は1万円を超える高級装飾品だった。だが、zoffJINSと言った企業が参入してきてから、5,000円程度で気軽に眼鏡が買える時代に突入した。用途別に複数持っている人も多い。

理容・美容業界も同じだ。それまで当たり前だったサービスを見直して、「真に顧客が望んでいるのは何なのか」を追求した結果の一つがこの1,000円カットだと思う。

 

好みは人それぞれなのでその点には当然触れないが、必要最小限でミニマルな1,000円カットが自分は好きだ。