サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

頭がモサモサしてきたので息子を散髪

息子と同年代の子で、「散髪はお店でしてもらう」子もいるが、我が家では父親である自分の役目になっている。

お店でカットすれば、もちろん綺麗に仕上げてくれる訳ではあるが、個人的にはまだお店には連れて行きたくない気持ちがある。

 

というのは、こんな理由からである。

  1. どうせ大きくなったら、切りたくても切らせてくれなくなる。
  2. 息子と散髪を通じて父子のコミュニケーションが取れる。
  3. 混雑しているお店に行く必要がないので、好きな時にカットできる。

振り返ると前回息子をカットしたのは4月中旬。約1ヶ月経って伸びてきたので散髪してみた。

 

散髪前 

まずは、散髪前の写真。少し分かりづらいかもしれないが、モッサリしている。

f:id:satkoto:20180526100645j:plain

 

散髪に使う道具は、「ハサミ」、「すきバサミ」、「くし」、「バリカン」の4つだ。

いつものスタイルは、サイドと襟足のところをバリカンで6mmにカットするツーブロック。特に暑くなるこの時期は、汗をよくかいて臭うので短めにする様にしている。

 

ところが今回、いつも使っているバリカンの調子が悪くて使えなかったため、ハサミのみで全体をスッキリさせることにした。

 

いざ散髪

散髪場所は、後々の髪の毛の掃除も考えてお風呂場でする様にしている。ちなみに冬場は浴室暖房を付けて暖かくする様にしている。

f:id:satkoto:20180526101317j:plain

 

「父子間のコミュニケーション」と前述したが、長男が散髪に喜んで付き合ってくれる一番の理由は、iPadで好きなビデオが観れる点にある。そもそも4歳児が大人しくカットが終わるまで待ってくれる訳もないし、何よりビデオがあれば椅子から動かず安全も確保されるので、そこはまあ仕方ない部分でもある。

お店でも、小さい子用にカットで座る椅子がクルマになっていたり、好きなDVDが見れるのと同じ様な感じだ。 

今回は、「アンパンマン」の映画を選択。ビデオが見れる、という特典に気づいて次女もちゃっかり追いかけてきた。

 

散髪後

ビデオを観たり、会話をしたりしながら散髪しているので、あっという間に終わった。大体10分位だったかと思う。

 

本人はカット後の姿を鏡で見る事もなく、とっとと遊び部屋に移動。追いかけて撮った写真がこちら。

f:id:satkoto:20180526102032j:plain

 

分かりづらいと思うが、サイドの耳周り部分がスッキリしたのは何となく分かるかと思う。

 

「サッパリした?」と聞くと、「うん」と答えてくれた。

応答がそれだけだったし、そもそも自分で鏡も見ていないので、本当かどうかは何とも言えないがまあ良しとしている。

 

やはり、毎回カットをしていると、腕も自然と上達してくる。

お店でカットも勿論いいが、「自宅でのカット」もたくさん良いところはある。

次はまた1ヶ月後くらいだと思うが、今から楽しみだ。