サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

「アデノウイルス感染症」の症状や対処、予防について

GW中から子供の体調がいまいち良くない日が続いた。

高熱が出たり下がったり喉の調子が悪かったりといわゆる風邪とも思われる症状だ。

 

先週末に小児科を受診して検査をしたところ、「アデノウイルス感染症」と診断された。

我が家での感染は初めてで、同様の症状が考えられる方の参考となるように、この病気について簡単に記したいと思う。

 

 

診断・症状について

診断方法

咽頭ぬぐい液や、眼脂の迅速検査というもので、約10分で結果が出る。

 

症状

3日〜7日続く高熱、咽頭炎、結膜炎

今回、処方された解熱剤を飲んでも、熱が下がったり上がったりと約1週間続いた。また、喉も咳払いを多くして痛いとも言っていた。

 

結膜炎を起こす

今回、子供も片目だけが充血していて目を擦ったりしていた。

 

感染経路について

別名「プール熱」とも言われ、プールの水を介したり家庭のタオルからの接触感染、他に飛沫感染が考えられる。ちなみに、我が家もプールの習い事をしている。

 

学校は出席停止

出席停止となる病気の代表的なものでインフルエンザがあるが、アデノウイルスについても感染力が強く医療機関の許可が下りるまでは出席停止となる。

主要な症状が消失した後2日を経過するまでは登校出来ないので、元気に見えても休ませる必要がある。

なお、出席停止となる為に欠席になることはない。

 

治療について

ウイルス感染なので抗生剤などの治療はなく、症状に合わせた対処療法だけ。

 

予防策

基本的な手洗いうがいに加え、プールに入る子がいる場合は良くシャワーを浴びる事。

既に感染者がいる場合は、隔離やタオルなどの共用を避ける事が必要。

 

まとめ

上記のような各種症状が出て高熱もあったが、子供自体は比較的元気であった。

そういう背景から、「自宅にある風邪薬などを服用させて病院に連れて行かなかった」というケースが考えられる点が、一つ怖いと思ったことである。 

冒頭にも書いたが、素人でも明らかに体調不良と見て分かる、というよりも「いまいち」体調が良くなさそう、という感じなのがこの病気の難点だ。

気づかないままで過ごすと、学校や家族内で感染者が増えたり、当事者自身の回復の遅れにも繋がるので、自身で判断されずまずは受診する事をオススメする。

 

我が家では、幸いにして奥さんが医療関係に博識な人なので早めに受診することが出来た。

 

www.niid.go.jp