サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【子供も大人も楽しめる。テーブルゲームの定番、ドンジャラで盛り上がろう】

2019年が明けた数日後、正月休みをのんびりと過ごす我が家は、混雑を避けるためにもあまり遠出の外出はしなかった。

 

必然と自宅でゆっくり過ごす時間も増えて、 

「何か新しいゲームがしたい!」

という子ども達の声でふと、とあるテーブルゲームのコトを思い出した。

 

それが「ドンジャラ

 

懐かしい遊びで、そもそも今でもドンジャラが売っているのかという疑問からスタートしたが、無事購入して大成功だった話を今回は紹介したい。

 

 

 

 

ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)

自分が子どもの頃は、よく家族でドンジャラをして遊んだ。

聞くと、奥さんも同様に遊んだらしく、実家に残っていないか聞いて貰ったところやはり既に処分してしまっているとの事だった。

 

そこで、我が家が今回購入したのが、こちらの「ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)

f:id:satkoto:20190113201018j:image

 

 

 

 

ドンジャラとは何かを簡単におさらい。

絵合わせゲームの決定版で、2人から最大8人でプレイ可能です。手持ちのパイを交換しながら同じ種類の絵柄を3個で1セット、計3セット集めたら、役が完成です。役が揃ったら大きな声で「ドンジャラ」と宣言し、ゲームクリアです。集めた役に応じて点数をもらい、合計点を競います。 他にも多数のゲームが入っており、友達や家族で長く遊べるボードゲームの定番となっております。年末やお正月、夕飯の後なども子供同士や家族みんなで遊べるおすすめのゲームです。

 

 

我が家が購入したのはドラえもんドンジャラ

のび太ジャイアンといったキャラクターの役を揃えていくため、子どもにとっても馴染み深く、覚えやすいのが特徴だ。

 

また、ドンジャラ以外にも全部で55種類のゲームで楽しめる。

f:id:satkoto:20190115155054j:image

 

早速遊んでみる

牌はこの様な感じ。

f:id:satkoto:20190115155305j:image

同じキャラクターでも、絵柄に違いがあって集め方によって配点が異なることもある。

 

こちらが得点表。

f:id:satkoto:20190115155800j:image

例えば同じキャラクター3種類でも、全てタケコプターを付けているキャラクターを集めると、48万J(ジャラ)を獲得できる。

 

ただ、スペシャル役で中々揃わないため、今のところ実現出来た試しはない。

 

得点表の裏側。

f:id:satkoto:20190115160200j:image

ジャイアンリサイタル」という歌うジャイアンを揃える役もある。

 

ちなみに一番良く出る役は、簡単だが得点は低い「大集合セット」

 

こちらはお札。

f:id:satkoto:20190115160452j:image

キャラクターと色で金額の識別が容易に分かるようにデザインされている。

 

まとめ

7歳の長女はルールを理解してゲームを楽しんでいるが、対象年齢6歳以上と推奨されていることもあって、5歳の息子にはまだ少し難しい様に感じられた。

 

ただ、みんなでワイワイ楽しんでいると気になって寄り添ってくるし、そもそもドラえもんという事で親しみやすい点からも、近いうちに理解できて一緒に遊べそう。

 

ドンジャラは誰かが捨てた牌でリーチになった人が揃うと、その牌を捨てた人が全てお金を払わなければならない。

 

「この牌なら捨てても大丈夫かな?」

みたいなちょっとした心理戦も楽しい要因の一つだ。

 

お金の計算の練習にもなるし、逆転勝利の為にはどんな采配が必要なのかなど、勝負事に対する采配トレーニングにも効果があって賢さも身につく

 

 

夕飯後のダイニングテーブル。

f:id:satkoto:20190115170155j:image

食後の余興で、ドンジャラを楽しむ。

 

子どもだけでなく、大人も楽しめるドンジャラ

 先日のDIY記事で紹介した新しいダイニングテーブルが、しばらく我が家の憩いの場になりそうだ。

 

 

【もうバスタオルを干すスペースには困らない。伸縮バスタオルハンガー】

子どもが多いとその分洗濯物の量も多い。

 

5人家族の我が家は、1日2回洗濯機を回している。

 

さて、洗濯物の中でサイズが大きくて、干すスペースを圧迫する代表としてバスタオルがある。

 

今日はそんなバスタオルを場所を取らずに効率良く干せるアイテムを紹介したいと思う。

 

 

 

伸縮 バスタオルハンガー

先日、ホームセンターのカインズホームに出掛けた。

目的はこちらの「伸縮 バスタオルハンガー」を買うため。

f:id:satkoto:20190113132327j:image

 

我が家では今回の購入で2代目になるのだが、これが洗濯物の多い我が家の物干し竿スペースを助けてくれている。

 

デザインも白が基調でシンプルな印象。

f:id:satkoto:20190113133705j:image

材質はポリプロピレン

 

近所にホームセンターがない場合は、以下の人気品(Amazon's Choice)をインターネットでも購入可能。

 

 

 

使い方

デザイン同様に使い方も実にシンプル。

ハンガーの両サイドは最長71cmまで広げることが出来るので、バスタオルのサイズに合わせて伸縮を調整するだけ。

 

よくあるバスタオルの干し方。

f:id:satkoto:20190113134404j:image

バスタオル幅の分だけ物干し竿を占有されるので、他の洗濯物を干すスペースが足りなくなってしまう。

 

 

伸縮バスタオルハンガーを使用すると↓

f:id:satkoto:20190113134659j:image

必要なスペースはハンガーの厚みの分だけで充分。

 

バスタオルを複数枚干す時は、風通しが良くなる様に最低でも10cmの間隔は開けて干した方がいい。

ただ、それでも従来の様に1枚辺り60cm〜70cmも使っていた物干し竿のスペース圧縮効果は抜群だ。

 

肝心の乾き具合についても、物干し竿に広げて干していた時と変わりなく、しっかりと乾いて問題ない。

 

まとめ

バスタオル用として使用しない場合は、通常のハンガーとして使用することも可能。

 

  • 洗濯物の量が多い。
  • 洗濯物を干すスペースが足りない。

 

上記のような我が家と同条件の家庭は、是非一度使用してその効果を感じてもらいたい。

 

 

 

 

 

【欲しい家具は自分で作る。ダイニングテーブルをDIYした】後編

'前編を見ていない方はこちらからどうぞ。'

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

水性ウレタンニスを塗装してから約一週間後、いよいよお待ちかねの組み立て作業に入る。

 

早速その続きを後編で紹介していこう。

 

 

 

 

現在のダイニングテーブルを解体

まずは、今使っているIKEAのテーブルを解体。

 

このように天板下には拡張の板が収納されていたが、結局使うことはほぼなかった。

f:id:satkoto:20190111123758j:image

 

ついでに、テーブル下に敷いていたクッションマットもこの際捨てることに。

f:id:satkoto:20190111123909j:image

 

フローリングにゴミがこびり付いていて、中々ハードな清掃だった。

f:id:satkoto:20190111124017j:image

日頃からのケアは大事だということを改めて実感。

 

脚を組み立て

新しいダイニングテーブルのスペースが確保出来たところで、脚の組み立て作業を開始。

 

ニスの乾燥で何日も待ったこともあって、

いよいよ完成間近!」というワクワク感が嬉しい。

 

最初に、脚と天板背面との繋ぎ役である金具サポートを4箇所の角にそれぞれボンドで仮止め。

f:id:satkoto:20190111124428j:image

 

固定された後、愛用のインパクトドライバーでネジ止め。

f:id:satkoto:20190111124552j:image

新しいテーブルはネジで止める箇所自体が少ないが、当時IKEAのテーブルを組み立てた時は、全てドライバーを手で何度も回して締めていた。

「あの時は大変だったなぁ」と苦労した事を思い出しながら作業。

 

 

 

4箇所全て止めて、脚が完成!

f:id:satkoto:20190111124831j:image

 

天板下にひと工夫加えて隠す収納

あとはテーブルを起こせば完成なのだが、せっかくなのでここでひと工夫を施す事にした。

 

それがこちら。

f:id:satkoto:20190111181300j:image

 

ちょっとしたモノをちょっとだけ置きたい時用のスペース

 

例えば、テーブルを広く使い時にリモコンだったり雑誌だったりを手元の近くに一時的に逃がせるような場所。

 

座った時に足が当たらない様に小さめに作ったが、活用状況によってはもう少し広げようかと考えている。

 

ちなみに材料は、100均で購入したタオルハンガーを組み合わせて作った。

 

ダイニングテーブル完成

こうして、遂に念願のダイニングテーブルが完成。

 

f:id:satkoto:20190111193008j:image

 

材料の買い出しや塗装、組み立てを手伝ってくれた長女も自慢のデジカメで撮影。

f:id:satkoto:20190111193128j:image

 

長女のデジカメの話は↓を参照。

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

下からのアングル。

f:id:satkoto:20190111193240j:image

 

早速テーブルに座って何やらiPadを操作する長女。

f:id:satkoto:20190111193345j:image

 

よく見ると、今回のDIYの日記を書いていた。

f:id:satkoto:20190111193431j:image

親バカかもしれないが、可愛らしくて感動。

 

※このiPadのくだりはこちらを参照。

 

satkoto.hatenablog.com

 

satkoto.hatenablog.com

  

掛かったコストと日数

ここで、今回掛かったコストをおさらい。

  • 天板         ・・・14,000円
  • 脚4本        ・・・  7,000円
  • 金具サポート     ・・・  2,800円
  • 水性ウレタンカラーニス・・・  2,700円
  • 水性用ハケ       ・・・ 200円
  • サンドペーパー     ・・・ 100円
  • タオルハンガー8本     ・・・800円

※その他材料は自宅に用意があったため割愛。

総費用27,600円。

 

続いて掛かった日数について。

  • 1日目    ・・・材料調達、塗装、研磨
  • 2日目    ・・・乾燥、研磨、塗装
  • 3日目〜9日目  ・・・乾燥
  • 10日目     ・・・組立、完成

 

総日数10日。

構造がシンプルな割に日数が多く掛かってしまっているのは、やはり乾燥に大半の時間を要するため。

 

水性ウレタンニスで使用した和信ペイントの説明にも以下の様に記載されているが、念の為1週間乾燥期間に充てる事をオススメする。

 

テーブル等、特に強度を要する作品の場合は、全ての塗装が終わってから1週間~10日乾燥した後、使用してください。

 

ただ実際には、冬の乾燥した時期ということもあって、1週間待たずとも触った感じではしっかり乾燥していると思われた。

日数は参考値で厳密にはあくまでも状態を見て判断という形になるだろう。

 

終わりに

完成したその夜。

早速新しいテーブルを囲んで、すき焼きを家族みんなで食べた。

f:id:satkoto:20190112111055j:image

テーブルの色がブラックからナチュラルな木の色に変わったことで、ライトの明かり具合も格段に向上した。

テーブルの光沢がライトからの光を周囲に反射して明るくしてくれることで、料理も一段と美味しそうに見える。 

 

 

この様に醤油をこぼしても、染み込む事なく水分が表面に浮いて弾いている。

 

f:id:satkoto:20190112144038j:image

 

f:id:satkoto:20190112144101j:image

 布巾でサッと拭き取るだけで痕が残らないので清潔に保てる。

 

自分の中でも、ここまで大きい家具をDIYしたのは初めてだった。

終わってみて出来上がったのは、ダイニングテーブルだけでなく家族の良い思い出も自然に出来ていたこと。

 

モノだけでなくコトも大事にしたい

そんな想いを常日頃から意識しているが、

今回のDIYは双方に当てはまる良い体験だった。

 

これから先もっと、このテーブルを囲んでたくさんの良い思い出が出来ていくのが今から楽しみ。

また別のDIY記事が出来た際は、改めて紹介していきたいと思う。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「DIY」「パイン集成材」2000mm×910mm×20mm
価格:13000円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)

楽天で購入

 

 こちらのDIYに関する人気記事もどうぞ。 

satkoto.hatenablog.com

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

【欲しい家具は自分で作る。ダイニングテーブルをDIYした】前編

今使っているダイニングテーブルは、当時奥さんと同棲を始めた頃にIKEAで購入したBJURSTAというテーブル。

 

4人用テーブルだが、5人家族の我が家はお誕生日席に1人座ることでサイズ的には今でも問題ない。

 

ただ、テーブルの色味は当時住んでいたマンションのインテリアに合うようにブラックが基調で、現在の住まいのナチュラルなテイストには適していない。

 

小さい子が多い我が家はダイニングテーブルでお絵かきだったり工作をしたりして遊ぶことが多いため、その分キズもたくさん付いている。

 

逆に言えば、今買い換えても同じ様なキズがもうしばらく出来てしまうのであれば、もう少し成長してから買い換えてもいいかなぁと思っていた。

 

だが、下の3つの考えが出てきた事で思い切ってダイニングテーブルを自作することにしてみた。

  1. 年末年始休暇を利用してテーブルをDIY出来る時間がある
  2. DIYで子どもたちと一緒に自作すれば良い思い出になる
  3. 好みのサイズや色味を既製品から探すとコストが高い

 

今回は前編として組み立て前までの記録を紹介したいと思う。

 

 

 

現状把握

こちらが現在使っているダイニングテーブル。

f:id:satkoto:20190109143829j:image

 

アップでみると表面が削れている部分もある。

f:id:satkoto:20190109143930j:image

 

テーブルを拡張したい時に中から板を取り出せる様に中央が開く仕組みになっている。

f:id:satkoto:20190109144136j:image

ただ、逆にゴミが入りやすく掃除が億劫。

そして、そもそも広げるスペースの余裕もない。

 

脚は角が丸くなっていないので、子どもが転んで怪我をしない様にプチプチを巻いている状態。

f:id:satkoto:20190109144249j:image

 

インテリア性はおろか、実用性や安全性も理想からはかけ離れてしまっている現状。

 

今回の理想は、

ナチュラルな雰囲気の中でクリエイティブな発想力を発揮したい

頭の中で描くイメージはこんな感じだ。

 

材料調達

ということで、早速ホームセンターで資材を購入。

 

こちらが材料一式。

 

f:id:satkoto:20190109161058j:image

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「DIY」「パイン集成材」2000mm×910mm×20mm
価格:13000円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)

楽天で購入

 

 

今回は子どもたちも張り切ってお手伝いしてくれた。(次女はお昼寝中)

f:id:satkoto:20190109161136j:image

 

用意した材料は以下。

1.天板(パイン集成材(無節)) 1400×84×30(mm)

 

2.脚4本 75×75×670(mm)

 

3.金具サポート4つ

f:id:satkoto:20190109163934j:image

 

4.水性ウレタンカラーニス(透明クリアー)

f:id:satkoto:20190109164007j:image

 

5.ハンドサンダー

f:id:satkoto:20190109164116j:image

 

6.サンドペーパー (240番と400番)

f:id:satkoto:20190109164146j:image

 

7.ブルーシート

f:id:satkoto:20190109164235j:image

 

8.水性用ハケ

f:id:satkoto:20190109164309j:image

 

研磨と塗装

木材に関してはあらかじめホームセンターでカットしてもらっていた為、最初の作業としては天板と脚の研磨と塗装になる。

 

塗装に関しては、オイルやウレタンなど種類が豊富で選ぶのに悩むところ。

 

今回自分が選んだのは、「水性ウレタンニス

 

ウレタン塗装とは、表面にウレタン樹脂でコーティングする方法。

 

光沢が美しい仕上がりになり、水分や汚れを弾いてくれるので、木材が水分を吸収してシミになることもない。

 

表面をコーティングして覆うため、木材の割れや反りも起こりにくいのが特徴でもある。

 

オススメは、自分も使用した和信の水性ウレタンニス。

(Amazon's Choiceにも選ばれている)

食品衛生法に適合していて食器や箸も置ける為、ダイニングテーブル用としても安心して使用出来るのが決め手となった。

 

 

 

  

作業開始

最初に240番のサンドペーパーで表面を研磨。

木目に沿って丁寧に研磨。

f:id:satkoto:20190109172002j:image

 

なぜ研磨をするのかというと、目には見えない表面の凹凸を平滑にする必要があるため。

 

エスなどで粉を拭き取ったら、いよいよ塗装。

f:id:satkoto:20190109180636j:image

重ね塗りしないことと、薄く塗ることがポイント。

白い色が見えるが、乾くと透明になるので気にする必要はない。

 

1回目の塗装完了。

f:id:satkoto:20190109181605j:image

 

続けて脚も同様に研磨と塗装。

f:id:satkoto:20190109181643j:image

 

ここから乾くまで約2時間放置。

その間、ハケは水に浸けておく。

f:id:satkoto:20190109181745j:image

 

2時間後。

f:id:satkoto:20190109183123j:image

 

表面がザラザラしているので、2回目以降は400番のサンドペーパーで研磨。

f:id:satkoto:20190109183544j:image

 

2回目の研磨完了後。少しずつ艶が出てきた。

f:id:satkoto:20190109183811j:image

 

作業完了後

約2日に渡って研磨→乾燥→塗装を繰り返した。

 

ちなみに、モノを置く表面は膜厚にする為計6回、裏面と脚は2回ずつ実施。

 

完成した写真がこちら。

f:id:satkoto:20190109184324j:image

ザラつきがなくなるまで繰り返したことで、気持ちがいい位にツルツルに仕上がった。

 

組み立てから完成までは、次回の後編に続く。

 

後編はこちら↓

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「DIY」「パイン集成材」2000mm×910mm×20mm
価格:13000円(税込、送料無料) (2019/1/12時点)

楽天で購入

 

 

こちらのDIYに関する人気記事もどうぞ。

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

【子どものデジカメデビューにはコスパと機能に優れたCanon IXY200がオススメ】

前回、前々回と2回に分けて紹介してきた子どもたちへの年末プレゼントシリーズだが、ひとまず今回で一区切りとすることにした。

 

そんな最終回は、写真好きの長女へプレゼントしたデジカメ。 

 

直近二回の記事↓

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

 

古いデジカメで訓練

カメラをプレゼントした長女は現在小学2年生。 

以前は、自分たち親が使っていた古いコンパクトデジカメを長女に譲って使わせていたのだが、

流石にボロがきたのか最近は調子もイマイチ。

 

  1. 使い古したデジカメで一通りの操作を覚えたこと
  2. 写真を通じてアート感覚を身につけてほしいこと
  3. クリスマスシーズンでプレゼントの時期としても適していたこと

 

これらの主な理由から、新しいデジカメをプレゼントすることにした。

 

Canon(キヤノン) IXY200

さて、長女にプレゼントしたのがこちらの「Canon(キヤノン) IXY200

f:id:satkoto:20190107161553j:image

このカメラの良い点は、大人は勿論子どものデジカメデビューに対しても充分な機能が備わっているところ。

 

 

 

 

 

同梱品。

f:id:satkoto:20190107162700j:image

カメラ本体、取扱説明書、バッテリー、充電器、リストストラップ。

 

購入を決めた主な特長

購入に当たっては子ども目線になって検討を行い、最終的に四つの点が決め手となった。

 

一つ目は「光学8倍ズーム」の高倍率ズーム。

遠くのモノを撮るときに小さく写るとどうしても絵的にイマイチ感が出てしまう。

 

その点、光学8倍ズームを備えたこのカメラであれば、望遠224mmで離れた被写体も美しく撮影が出来る。

 

 

二つ目は、「 豊富な撮影モード

最初は、子ども向けなトイカメラも検討したのだが、そもそもこのカメラの撮影メニューでトイカメラ風を選んで撮影することができる。

 

他にもジオラマ風や魚眼風など子どもが喜びそうなメニューもあるので、飽きずに色々と楽しめそうな点が気に入った。

 

 

三つ目は、「自動でシーンの認識

細かい調整を子どもが都度行うのは至難。

  • 背景が明るいのか暗いのか、逆光なのかどうなのか。
  • 被写体が人物なのかそれ以外か、動いているのか、近いのか。

などなど、カメラが自動で32シーンを判別してくれるので、子どもでも難しい操作をすることなく綺麗に撮影が出来る。

 

 

四つ目は、「ハイビジョン動画

子どもは静止画だけでなく、動画も大好き。

たまに親のスマホのカメラをイジってビデオを撮影しているが、動きがある映像はやはり観ていて楽しそうにしている。

 

1280×720ピクセルのハイビジョン動画に対応している点も嬉しいが、静止画同様に自動で21シーンの中から最適に識別してくれて綺麗な動画が撮影できる。

 

関連アクセサリーも購入

デジカメの必需品であるSDカードを始め、大事に長く使い続けられるように、ケースと液晶保護フィルムも一緒に購入した。

 

用意したアクセサリー一式。

f:id:satkoto:20190108101056j:image

 

まずは、ELECOMの「気泡が消える!エアーレス加工フィルム

f:id:satkoto:20190108101347j:image

 

こんな感じで簡単に貼付完了。

f:id:satkoto:20190108132438j:image

 

f:id:satkoto:20190108132458j:image

これで液晶画面の反射とキズを防げる。

もちろんタッチパネルにも対応。

 

 

 

 

続いて、デジカメを収納するケースは、同じくELECOMの「ネオプレン Sサイズ DGB-065RD

 

f:id:satkoto:20190108132644j:image

 

ソフトな肌触りが心地いい点と、リングファスナーに指を掛けれるので、子どもでも簡単に開閉ができる。

 

デジカメを収納したところ、ピッタリ。

f:id:satkoto:20190108132817j:image

 

 

 

 

 

 

SDカードは、「HIDISC SDHCカード 16GB CLASS10 UHS-1対応

際立った特色はないが、子ども用にはお値打ちな点が助かる。

 

 

 

 

まとめ

シンプル且つクールなデザインで大人のお出掛け用にも十分映えるCanon IXY200。

f:id:satkoto:20190107165541j:image

重量も約260gとスリムなために、荷物としての負担を感じることがない点や、子どもの小さい手にもしっかりと収まるので何より扱いやすい。

 

 

早起きして長女が撮影した初日の出のショット。

f:id:satkoto:20190108134758j:image

 

他にも探せば、多機能・高機能のデジカメはたくさんあるが、小学生の子どもにデビューさせるカメラとしてはベストな選択だと思う。

 

将来的にこのデジカメを熟練して物足りなく感じるようになった時が来たら、レベルアップしたカメラも検討してあげたいと思う。

 

 

 

 

 

 

【小学校入学を控えた未就学児への最適プレゼント】ドラえもんステップアップパソコン

前回の記事で息子へのクリスマスプレゼントの一つ目を紹介したが、プレゼント第二弾として今回は知育に役立つこちらを紹介したいと思う。

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ドラえもんステップアップパソコン 

息子の学習用にプレゼントしたのは、こちらのドラえもんステップアップパソコン。

f:id:satkoto:20190105122940j:image

 

f:id:satkoto:20190105123107j:image

 

 

Science(化学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の頭文字を取った、「STEM教育」 を楽しみながら学べる知育玩具である。

 

人工知能やロボットの開発がどんどん進歩していく未来では、それを使いこなす能力のある人材が求められていきます。そんな中STEM教育は、次世代に生きる子どもたちの教育として、日本でも注目を集めています。

 

今注目の教育であるプログラミング学習を始め、2020年には全国の小学校で3年生から必修化が決まった英語、国語、算数、サイエンス、音楽・図工、それにゲームと内容盛りだくさんのおもちゃである。

 

なおこちらのおもちゃは、日本おもちゃ大賞2018年の共有玩具部門の優秀賞を受賞しているという観点からも評価が高い。

 

  1. ドラえもんが音声とテキストの両方で遊び方を説明してくれる
  2. 音量の調節が手元で容易にできる

上記のような、子どもに優しく楽しい工夫が人気の秘訣となっている。

 

 

 

内容品。

f:id:satkoto:20190105125014j:image

マウスはパソコン本体上面に「カチャ」っと固定できるように工夫されている。

まさに子どもの行動をよく研究した上での配慮だ。

 

開けてみた感じ。まずは名前などの登録から始める。

f:id:satkoto:20190105125115j:image

 

豊富なメニューで飽きない

子どもに与えたおもちゃで良くある現象として、しばらくしたら飽きられて使わなくなること。

 

先程も少し触れたが、ドラえもんステップアップパソコンは豊富なコンテンツに加え、各コンテンツ内のメニューがたくさんある。

そのため、「買って早々に飽きてしまう」という心配は無用だ。

※出題数は1,000問以上。

 

パズルを解く息子。

f:id:satkoto:20190105130410j:image

更に、メニューをクリアする毎にひみつ道具が手に入るご褒美も用意されており、ひみつ道具のコレクションとしても楽しめる仕組みが用意されている。

 

※我が家の長女はドラえもんが大好きなので、ひみつ道具の本も熟読している。

f:id:satkoto:20190105163604j:image

 

 

パソコン操作を学べる

自分が子どもの頃はパソコン自体が普及していなかったために、初めてしっかりと触れたのは大学に入ってからだった。

 

時代は代わり、上述した英語教育と同様に2020年度から実施される小学校の新学習指導要領で、論理的な思考力を育てる「プログラミング教育」が必修化される。

 

親世代からしたら、

「パソコンなんて危険も多いし、壊されるのも嫌だからまだ触らせたくない」

と考える家庭も多いが、そんな悩みもこのドラえもんステップアップパソコンが解決してくれた。

 

光学式マウスを使ったクリックやドラッグ操作、JIS配列キーボードでのタイピング練習、ドラえもんとのメールのやりとりなど大人顔負けのスキルを身に付けることができるのだ。

 

遊び過ぎないように設定できる

楽しく遊んでくれる分には嬉しい限りだが、パソコンである以上視力低下など使い過ぎには注意したいところ。

 

地味ではあるが、そういう痒い所に手が届くのもドラえもんステップアップパソコンの優れた点。

 

予め遊ぶ時間を15分、30分、45分、60分と設定することができ、設定した時間に到達するとドラえもんが教えてくれて電源が落ちる仕様になっている。

ちなみに我が家は、使い始めの時期ということもあって15分に設定している。

 

この設定が功を奏しているのか、一回で長く遊べないこともあって逆に飽きない仕組みに一役買ってくれている

 

まとめ

我が家の息子は現在幼稚園の年中で、小学校入学は再来年の4月。

 

誕生日のプレゼントや入学祝いなどにもオススメできるが、入学前の学習期間も考慮して、出来れば数ヶ月〜1年後位に入学するような年齢の子に与えるのがベストだと思う。

 

f:id:satkoto:20190105162727j:image

紙のドリルの教材でひらがなやカタカナを勉強させると、どうしても取り掛かるのに億劫になってしまう息子だが、このおもちゃだと自ら進んで勉強に取り組んでいる。

 

やはり勉強のコツは「楽しんで学ぶ

我が家には2歳の次女もいるので、5歳の息子だけに限らず、末長くこのドラえもんステップアップパソコンとお付き合いしながら学習に励んでいきたいと思う。 

 

【仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバーを息子へプレゼントした】

2018年のクリスマスも過ぎ、いよいよ平成が終わる2019年を迎える。

 

今年のクリスマスも子供たちが欲しいものをプレゼント。

凄く喜んでいる姿を見て、親も嬉しい限りで楽しいクリスマスを過ごせた。

 

子供たちにあげたプレゼントの幾つかを何回かに分けて紹介していきたいと思う。

 

 

 

平成仮面ライダージオウ20作品目

第一弾の今回は息子が欲しがっていた仮面ライダーのおもちゃ。

 

実は今年は記念すべき年で、2000年から放送開始した「平成仮面ライダーシリーズ」がちょうど20作品目を迎えている。

 

現在放送している仮面ライダージオウは記念作品ということだが、おもちゃに関しても歴代の仮面ライダーグッズとコラボしたりするなど何かと話題になっている。

 

 

仮面ライダージオウ 変身ベルト DXジクウドライバー

そんな中、息子にプレゼントしたのがこちら。

f:id:satkoto:20181226130105j:image

 

 

戦隊モノ好きな子供達の間では人気アイテムで、Amazonの「ベルト・なりきりアイテム」のカテゴリーでも記事執筆時点でベストセラーの1位となっている。

 

以下簡単な遊び方の説明。

  1. 時空ドライバー(DX変身ベルト)に付属のライドウォッチを装着。
  2. 装着した状態で時空ドライバーを360°回転させると、ライトやサウンドを楽しむ事ができる。
  3. 更に、ライドウォッチを回転・絵柄をチェンジしてボタンを押すことで同様にライトやサウンドを楽しめる。

 

 

仮面ライダージオウ DXダブルライドウォッチ

ジオウライドウォッチが一緒に付属されてはいるものの、この変身ベルトには左右にライドウォッチをセットすると箇所がある。

 

その為、付属のライドウォッチ一つだけだと物足りないので、こちらも一緒にプレゼントした。

 

f:id:satkoto:20181226164346j:image

 

 

 

仮面ライダーダブルの力を封じた「ライドウォッチ」で、使い方自体は他と同様。

 

ちなみにこちらは、仮面ライダージオウのクリスマスケーキを頼んだ際におまけで付いていたライドウォッチ。

f:id:satkoto:20181226165507j:image


f:id:satkoto:20181226165502j:image

クリスマス仕様の特別バージョンで、もちろんDX変身ベルトに付けて遊べる。

 

まとめ

少し前までは、快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーが一番好きだった息子。

 

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

ここ最近の一番のお気に入りは仮面ライダーへと移り、毎週日曜日の放送も心待ちにしている状態。

番組も毎回録画をしているのだが、何回も再生して飽きないものかと不思議になる程好きな様だ。

 

 

変身ベルトを身につけてポーズを取る息子。

f:id:satkoto:20181226170651j:image

 

さすが記念作品だけあって、ライドウォッチも沢山の種類が販売されている。

それに伴い、専用の収納ケースも用意されている。

 

 

ここまでの数を揃えるかは息子や財布と相談しながらではあるが、将来的に希少価値の高いコレクションにもなりそう。

 

いずれは戦隊モノから離れていく時が来るだろうが、その時その時で子供が一番喜ぶモノをこれからもプレゼントしていきたいと思う。