サトコト

サトコト

サトによる日々の暮しの雑記ブログ。

【暑い夏こそ自宅でプールをしよう】

最高気温が36度まで上昇するここ数日。

暑さを諸共しない元気な子供達でさえ、さすがにげんなりしてくるこの酷暑。

 

暑いからプールに入りたい!

とせがんでくるので、

「これから準備してプールに行くと、混んでるし何かとバタバタしちゃうから、庭にプールでも作ろうか!?

と提案してみた。

 

すると案の定、

「うん、それいいね!入ろう入ろう!」

と即決したので、早速庭にプールを作ることにした。

 

 

プールを作るまで

芝生の保護

まずは、押入れから道具を取り出して庭へ。

芝生にダメージを与えないようにするため、我が家ではレジャーシートを敷くことにしている。

f:id:satkoto:20180717224141j:plain

 

空気の注入

早速電動の空気入れで空気を注入。

f:id:satkoto:20180717224316j:plain

 

水を入れ始める

f:id:satkoto:20180717225148j:plain

空気が入ったら、一番時間が掛かる水を貼る作業へ。この待ち時間を使って、効率よく他の準備に取り掛かる。

 

滑り台の準備

f:id:satkoto:20180717224540j:plain

プールだけだと面白みがないので、我が家では滑り台も一緒にセットする様にしている。

 

ここで、滑り台に一工夫を施すことに。

実は、滑り台の中に水が溜まってしまうのだが、プールを片付けるときになかなか水が抜けなくて苦労していた。

 

そこで、今年は愛用のインパクトドライバーで滑り台の先端に穴を開けておくことにした。

f:id:satkoto:20180717224828j:plain

 

 

こんな感じで水が抜ける様に穴を開けた。試してみたところ、勢いよく水が流れたので無事成功。

f:id:satkoto:20180717224946j:plain

 

水が貯まるのが待ちきれない長男と次女。

f:id:satkoto:20180717225033j:plain

 

完成

かれこれ1時間ほどで完成。

出来上がった全体図はこちら。

f:id:satkoto:20180717225423j:plain

監視員役の自分も、ただ炎天下の中にいるだけだと辛いので簡易型テントも張ってみた。

 

音楽を聴きながら

多少なりとも南国ムードを出してみようと思い、テントにBOSEのスピーカーを持ってきて、ハワイアンレゲエを掛けてみた。

自宅のiPad miniからBluetoothで接続してみたが、音切れすることなくいい感じ。

f:id:satkoto:20180718124004j:image

 

 

 

またやろう

自宅の小さいプールとは言え、一時間も遊べば結構満足したようで、その後はお昼寝タイムに入った。

 

出先のプールももちろん色々なメリットはあるが、家の前で出来るプールも移動時間の短縮だったりと気軽な点などメリットも多い。

 

「とっても楽しかった!」

と満足していたので、また夏休みに入ったらやろうと思う。

【シアターGロッソで観覧!】本物のスーパー戦隊ショー

今年の誕生日プレゼントで、長男が今最も大好きな「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」のおもちゃをプレゼントした記事を先日書いた。

 

本日は、もう一つのプレゼントとして約束していた「シアターGロッソでスーパー戦隊のショーを観る」について、先週末に遊びに行ってきたので紹介したいと思う。

 

その時の約束についての記事はこちら。

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

ショーが始まるまで

www.tokyo-dome.co.jp

 

チケット

チケットは、半月ほど前に公式ホームページから予約。その日の内に支払と発券を近所のセブンイレブンにて済ませた。

当日券も販売窓口で売っているが、売り切れの場合もあるし、良い座席は先に埋まっていくので、事前購入がベター。

 

また、自家用車で観に来る方の為に、提携駐車場を「1,000円/4時間」で精算できる有料サービスも販売しているので、対象の方は当日に販売窓口で一緒に購入するとお得だ。

 

シアターへ

場所は東京ドームシティの中の「アトラクションズエリア」。

東京ドームをはじめ、ホテルや遊園地など広大な敷地なので、よく地図を見ないと迷子になりそうな程。

 

東京ドームシティアトラクションズ。(旧後楽園遊園地)

f:id:satkoto:20180715181932j:plain

 

東京ドーム。この日は都市対抗野球大会が開かれていて賑わっていた。

f:id:satkoto:20180715182750j:image 

 

ヒーローショーポスターギャラリー

さて、中に入るとファンを楽しませてくれるものが幾つかあった。

f:id:satkoto:20180716094230j:image

歴代の番組のポスターがずらり。きっと自分が小さい頃観ていた番組もあるのかと。

 

ヒーロー写真館

f:id:satkoto:20180716095538j:image

衣装に着替えて、写真が撮れるサービス(有料)。

 

ボディペイント

f:id:satkoto:20180716155621j:image

約1分で出来てしまうボディペイント。顔や腕に描いてくれる。

 

撮影会

こちらは、先着制の撮影会の受付。

f:id:satkoto:20180716160012j:image

ショーが終わった後に、舞台でルパンレンジャーと写真が撮れる。

回によって、握手会だったり、写真を一緒に取るヒーローが違うので、申し込みたい人は事前にHPでよく調べておく必要がある。

 

入場

入場時には、ルパンレンジャーが入口まで出迎えてくれて、子どもたちとタッチしてくれるサービスがある。

f:id:satkoto:20180717123100j:image

緊張しつつも、いよいよ始まるというワクワク感でいっぱいの雰囲気が漂っていた。

 

ショーについて

劇場内は写真撮影禁止なので、残念ながら掲載出来る写真はない。

ショーは約30分で、出演者の演技力の高さはもちろんのこと、音響や照明・映像シーンも本格的で大人でも楽しめる内容であっという間だった。

 

ちなみに、開演前に申し込んだ「ルパンレンジャーとの撮影会」では、カメラマンの後ろから撮影することが許されていたので、一緒に撮っておいた。

f:id:satkoto:20180717123609j:image

 

誕生日が前後一週間の場合、スタッフに伝えれば、「happy birthday」の看板も立ててくれる。

 

また、写真撮影用にヒーローのアイテムも貸し出ししてくれるので、予め家から持参しなくても大丈夫だ。

 

お土産コーナー

ショーが終わった後は、お土産屋さんを散策。

 

東京ドームという場所柄、ジャイアンツグッズなどが売られている。

f:id:satkoto:20180717124033j:image

 

東京オリンピックパラリンピック関係。

f:id:satkoto:20180717124131j:image

 

※オリンピックがなぜ「五輪マーク」なのかについてはこちらの記事を参照。

 

satkoto.hatenablog.com

 

もちろん、ルパンレンジャーやパトレンジャーのグッズもたくさん。

f:id:satkoto:20180717124314j:image

但し、定価販売の為Amazonだったりトイザらスなどで購入した方がお得。

 

「インターネットで買った方が安いから、また今度にしようよ!」

なんて一応長男に言ってはみたものの、当然理解してくれないので思い出に一つ買ってあげることにした。

 

となると次女も何か欲しがり始めたので、こちらの「動く動物のぬいぐるみ」を一つ購入。

f:id:satkoto:20180717124540j:image

 

終わりに

この日は、「コスプレフェスタTDC」というイベントが開催されていたようで、色々なコスプレをしている方たちで賑わっていた。

 

f:id:satkoto:20180717125019j:image

 

f:id:satkoto:20180717125051j:image

 

名探偵コナンプラザの前も大賑わい。

f:id:satkoto:20180717125252j:image

 

お土産も買って貰って子供達の気分も良くなったことで、外で最後に一枚記念撮影。

f:id:satkoto:20180717131310j:image

 

これまでは、地域のイベントでたまに開催される戦隊ヒーローショーでしか観覧したことがなかった。

だが本物のショーはやはり圧巻で、お金を払う価値が確かにあった。まさにエンターテイメントそのものだと思う。

 

戦隊モノが好きな時に一度は連れて行っても良い」、そう思わせてくれるイベント旅行だった。

 

 

続編【今度はクワガタも飼うことに】

前回の記事でカブト虫を飼い始めたことをお伝えしたが、翌日にはクワガタも見つかった為、飼育のために家に連れて帰ることした。

 

※まずはこちらの記事をご覧ください。

過去記事

 

 

100均で道具の買い揃え

この日も帰る前にダイソーに寄って、飼育道具を数点購入した。

今回買って帰ったのは、下の3点。

  1. 臭い取り活性炭
  2. 子バエ除けシート
  3. ゼリーが入る木

虫かごは長女が持っているものを使おうと思い、今回は購入せず。

ちなみに、カブト虫とクワガタを同じ虫かごに入れると、喧嘩をしてしまう為必ず容器を分ける必要がある。

 

その他、同僚にアドバイスを貰ったのが、臭い取り活性炭と子バエ除けシート。

f:id:satkoto:20180713232601j:image

 

f:id:satkoto:20180713232618j:image

確かにカブト虫の方の虫かごの中が何となく臭っていたので、ちょうど良い話が聞けてよかった。

子バエについては、家の中で飼育しているからか今の所寄って来てはいないが、念の為購入しておいた。

 

 子供達が大興奮

「ただいまー。プレゼント持って来たよー!」

と言って帰宅すると、

「えっ、なになに??」

と子供達が寄って来た。

 

そして、クワガタを見せると大興奮。

「うわー、すごーい!」

想像していた以上の子供達のリアクション。

クワガタも自分が直接見つけた訳ではないが凄く誇らしい気分。

 

こちらが持って帰って来たクワガタ。相当警戒しているのか、ノコギリが全開に開いている。

f:id:satkoto:20180713235141j:image

 

「早速虫かごに入れよう!」と周りに群がる子供達。

f:id:satkoto:20180713235237j:image

 

クワガタの家を用意

土はカブト虫の時に使って余っていたので、それをそのまま利用。

そして、今回買って来た臭い取り活性炭を新たに入れて少し混ぜる。

もちろんカブト虫の虫かごの方にも入れておいた。

 

これで臭いが消えると良いのだが。

f:id:satkoto:20180713235350j:image

 

手で触るのが怖いため、スーパー等で貰えるアイス用のスプーンでクワガタを触る長男。

f:id:satkoto:20180713235507j:image

確かに挟まれると痛そうなので、気持ちはよく分かる。

 

ということで、サクサクっと完成。カブト虫の時と同様、すぐには餌に食いつかず端っこで警戒中。

f:id:satkoto:20180713235530j:image

 

短期間で、世話する虫が一気に2匹になって嬉しそうな子供達。

f:id:satkoto:20180713235735j:image

 

もはや愛読書とも言える昆虫図鑑で、クワガタを調べる。

f:id:satkoto:20180713235828j:image

 

 

その夜

「あまり触ったりすると、ストレスで死んじゃうからダメだよ」
と教えてあげた。
 
 
 

 

【飼育グッズは100円ショップで全て揃う!】カブト虫・クワガタを育てよう

梅雨が明けて、いよいよ夏の虫たちが外の世界に出始める今日この頃。

 

夏を代表する虫といえば、セミ

まだ近所ではセミの鳴き声は聞こえない。

 

「待ち遠しいなぁ」と思っていたところ、会社近辺でカブト虫を見つけた同僚がいた。

話を聞くと、つい先日もクワガタも見つけて、家で飼育しているらしい。

 

我が家の子供達も最近虫が好きなので、見つけたカブト虫を貰って自宅で世話することにした。

 

 

 

必要な準備

100均でも色々と売っているとのことで、早速帰り道にダイソーに立ち寄った。

 

今回買ってきたのは写真の4点。

f:id:satkoto:20180713133621j:image

 

  1. 飼育容器(中サイズを買ったので300円)
  2. 土(昆虫マットと呼ばれるもの。カブト虫が好きな、くぬぎの木が原材料)
  3. 昆虫ゼリー
  4. 止まり木

 

昆虫ゼリーは、深型だと奥が食べづらいらしいので、浅型がおススメ。

止まり木については、昆虫ゼリーのカップがはめ込めるように、くり抜かれているものを購入した。

 

用意をセット

まずは土を10cm程度の高さまでいれる。

その後、水を入れて少し湿らす程度にして混ぜる。

f:id:satkoto:20180713133927j:image

 

後は、止まり木を入れて、昆虫ゼリーをセット。

晴れてカブト虫の自宅が出来上がったことで、容器の中にin。

f:id:satkoto:20180713134148j:image

 

しばらく様子を見ていたが、慣れない環境なのか一向に餌を食べる様子はない。

f:id:satkoto:20180713134341j:image

 

味に違いがあるか分からないが、緑色のゼリーも入れて、そっとしておくことにした。

 

餌を食べ始めた

夜、寝る前にもう一度見てみたら、しっかり餌を食べていてくれた。これで一安心。

f:id:satkoto:20180713141509j:image

 

翌朝、事情を知らない子供達が起きてきた。

おそらくはじめてみるであろうカブト虫に大興奮。

虫かごを覗き込む長女。

f:id:satkoto:20180713195717j:image

 

長女は「学校でもカブト虫を飼い始めた話をしてくる!」と張り切っていた。

 

その日の夜、図鑑で色々と調べていた長男。

f:id:satkoto:20180713230103j:image

 

子供達と捕まえてきた訳ではないが、喜んで貰えたようで、自分も嬉しい。

 

生き物を育てることで多くの事が学べると思うので、これから毎日一緒になって世話して育てていきたい。

 

こちらの記事もどうぞ。

 

satkoto.hatenablog.com

 

【幼児の言葉覚えに最適な知育玩具はこれ!】アンパンマン おしゃべりいっぱいことばずかん

我が家の子ども達3人のうち、上の子ども2人はすっかり口達者で、喧嘩すると口答えだったり言い訳をしたりしてくるようになった。

 

たまに、イライラすることもあるが、これも成長のうちの1つなので嬉しい限りである。

 

子供の言葉の学習というものは不思議なもので、家族や周囲の会話を聞いて自然に覚えていく。

 

1歳の次女も最近は

「飲む!」から

「これ、飲む!」のように二語喋れるようになり始めてきている。

 

ただ、語彙力に関しては自発的に教えないと中々覚えられない部分もある。

我が家での取り組みとして、一つは読書。

もう一つの方について、今回記したいと思う。

 

 

おしゃべりいっぱい 

そのもう一つは、こちらだ。

f:id:satkoto:20180711225849j:image

 

そう、セガトイズ社の「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかん」である。

 

このアイテムはいわゆる知育おもちゃで、我が家も長女、長男とこれで遊びながらたくさんの言葉を覚えてきた。

図鑑の中には日常の様々なシーンが描かれ、専用のペンで絵をタッチすると、その単語だったりアンパンマンのキャラクターがおしゃべりしてくれる仕組みになっている。

 

 

また、「英語モード」も備え付けられているので、英単語まで一緒に覚えてしまうことも可能なのだ。

英語教室に通っている長女も、知らず知らずの内にこのアンパンマンで覚えた英単語も実際にある。

 

こちらのページは、野菜や果物のページ。例えば、メロンパンナちゃんをタッチすれば、情景にあったセリフを喋ってくれる。

f:id:satkoto:20180711230818j:plain

 

動物のページ。動物の名前を教えてくれるだけでなく、「鳴き声」も聞こえるのが素晴らしい。

f:id:satkoto:20180711230929j:plain

 

専用のタッチペン。ここで日本語モードと英語モードに切り替える。

f:id:satkoto:20180711231351j:plain

 

ワールドビジネスサテライトでも紹介された

先日、たまたまワールドビジネスサテライト(※)を見ていたら、「知育玩具のランキング」特集をやっていた。(7/10(火)放送)

そこで見事に1位に輝いたのが、このアンパンマンの知育おもちゃだったのだ。

f:id:satkoto:20180711232203j:plain

我が家の子供達にも大変人気だったが、世間的にも上位に入るアイテムだったことを知って、奥さんと一緒になって驚いた。

 

何とミリオンセラーらしい。

f:id:satkoto:20180711232231j:plain

 

f:id:satkoto:20180711232314j:plain

 

当初、長女が2歳の頃に購入したので今から約5年前になるのだが、今でも全国の子育て世帯に広く愛される商品だったようで、自分も嬉しくなった。

ちなみに、当時我が家が購入したものと違い、現在は最新版のバージョンが販売されている。 

 

テレビ東京の経済ニュースを中心とした報道番組。毎週月曜日から金曜日夜11時から放送。

 

今日も遊んで 

今日も次女はこのアンパンマンのおしゃべりずかんで、色々なものをペンでタッチしている。

f:id:satkoto:20180711233638j:plain

決して、覚えるために使っているわけでなく、本人としてはあくまでも遊びの一部だ。

遊びながら自然に言葉を覚えていくので、親としても大変便利に思う。

 

f:id:satkoto:20180711233703j:plain

いつの時代も愛されるアンパンマン

次女とたくさんおしゃべり出来る日が待ち遠しい。

 

【長男の七夕の願いごと】

少し間が空いてしまったが、長男が幼稚園で書いた七夕の願い事を家に持って帰ってきた。

 

自分も子どもの頃に、毎年学校の行事として書いていたはずだが、当時の記憶はもうないし、きっと実家にも残っていないだろう。

 

今の時代は、スマホで簡単に写真を撮れるし、このようなブログに残すことも容易になっている。

 

何年か先に

「あの時何て書いたっけ?」

という話になった時に、思い出せないのはもったいないし寂しいものだ。

 

そんな備忘録も兼ねて、今年長男が書いた願い事について残しておこうと思う。

 

 

 

息子の願い

「やっぱりね(笑)」

というか、まさに今の時期の願いそのものだった。

 

f:id:satkoto:20180711123341j:image

「ろぼっとをつくりたい」

これはおそらく、今大好きな戦隊番組「快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー」で最後のシーンで登場する巨大ロボット、ルパンカイザーのことなんだろう。

 

最近、少し早い誕生日プレゼントも渡したし、近々東京ドームシティのGロッソで、有料ショーも見に行く予定。

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

本人の気持ちとしても、今最もノッているのだろうと考えると、凄く愛おしく思える。

 

どうやって作ろうか

せっかく願い事を書いたのだから、親としてもどうにか叶えてあげたいと思う。

 

夏休みには長女の自由工作の宿題で何かを製作する予定。

一緒のタイミングで息子とも作ってもいいかもしれない。

 

あまり本格的過ぎると、本人の出番もなくなってしまいそうなので、「ダンボールとかで作ろうかな」、など考えると親の方が楽しみになってきた。

 

 

satkoto.hatenablog.com

 

satkoto.hatenablog.com

 

 

一生懸命書いたことに感動

f:id:satkoto:20180711124111j:image

息子が字の練習を始めたのは比較的最近。

集中力がないからか、一緒に付き添ってこどもちゃれんじの教材をしても長く続かないし、どうしても遊びたがってしまう。

 

そんな中で、しっかり字を書いた上に、ロボットの絵も上手に描き上げたことに何より感動した。

 

「周りの子に遅れないように、ちゃんと字が書けたり読めたり出来るようになるかな?」

とよく心配するのだが、杞憂だったかもしれない。

 

もっとも、普段勉強に付き添ってくれている奥さんにも、ちゃんと感謝したい。

 

周りの子と競争したり比較したりするのは必ずしも良いことではないかもしれないが、本人の将来の選択肢が広がるように、しっかりと見守りながら子育てに励んでいきたい。

そんな想いにさせてくれた、息子の七夕の願い事だった。

 

【玄関を彩るインテリアについて】

毎朝必ず通る場所、玄関。

至って当たり前のことではあるが、毎日目に触れるところなので、気持ちの良いエリアにしておきたいという想いがある。

 

その為には、普段からの掃除はもちろんのこと、思い入れのある厳選したものを置く様にしている。

 

今日はそんな我が家の玄関について触れたいと思う。

 

 

 

絵画

というと大げさだが、ハワイ在住のアーティスト、ヘザーブラウン作の絵を飾っている。

f:id:satkoto:20180710221514j:image

ちょうどライトの下にあることも功を奏して美術館風を醸し出している。

f:id:satkoto:20180710221540j:image

 

こちらは、2012年に家族3人(当時の子供は長女のみ)と、自分の両親を連れてハワイ旅行に行った時に購入した思い出のモノ。

それ以来ハワイは行けていないが、当時の楽しかった旅行をいつでも思い出せる様に、そして「また行きたい」という思いにさせてくれる様に、一等地に飾っている。

 

 

小物のオブジェ類

お次は、小さいモノについて。こちらも主に海外で見つけたモノが多い。

f:id:satkoto:20180710221606j:image

自由の女神は、2005年に一人旅でニューヨークを訪れた際に購入。

エッフェル塔は姉が新婚旅行でフランスを訪れた際のプレゼントだ。

その他、旅行や仕事で海外に行った際に買ってきたものを飾っている。

 

ちなみに、飾っている棚については、ホームセンターのカインズホームDIY教室で自作したもの。

自分がDIYに興味を持つキッカケになった初めての作品で大変思い入れがある。

 

何を飾るか」だけでなく、「何に飾るか、どう飾るか」にもこだわりを入れるとより愛着が湧いてくる。

 

身支度品

こちらの麻の入れ物には、お出掛けする際の日用品を入れている。

f:id:satkoto:20180710221628j:image

今の時期だと、虫除けスプレーや日焼け止めがメインになる。

f:id:satkoto:20180710221649j:image

これらは他の場所に置いても良いのだが、実用性のバランスも考えた上で、玄関に置くことにしている。

但し、そのまま置くには生活感が出てしまうので、麻の入れ物に入れることでナチュラルな仕上がりを出す様にした。

 

ベアブリック 

最後は真っ赤なベアブリック

f:id:satkoto:20180710221715j:image

ベアブリックとはメディコムトイ社が販売するアイテムで、テディベアが生誕100周年を迎えた2001年に誕生したクマ型のフィギュアのことだ。

 

手のひらに乗る位の100%と呼ばれるサイズが主で、他に400%と呼ばれるサイズもある。

 

だが、我が家にあるのは、1,000%という高さ70cmの巨大サイズで、以前渋谷で開催されたメディコムトイ社の展示会に行った時に購入した。

f:id:satkoto:20180710221741j:image

 

その愛くるしさからだけでなく、ハートのデザインからも感じる様に、「愛」をイメージしていることから、自分達の結婚式の受付にも飾った程の大切なモノだ。

 

日々の仕事や子育てに追われて、いつでも結婚当時の新鮮な気持ちで居続けるのは難しいかもしれない。

でも、このベアブリックがあるお陰でふとした時に夫婦の思い出を蘇らせてくれるのだ。

 

最後に

話は少し逸れるかもしれないが、「目標は視界に入るところに掲示した方が良い」と子どもの頃に良く言われた。

せっかく立てても、頭の中だけだとどうしても風化してしまうからだ。

 

それと同じで、大事なものは普段から目に付く場所に置くことで、いつまでも忘れずにいられる。

f:id:satkoto:20180710221806j:image

これからも、玄関という家族全員が触れ合う場所を大切にしていきたい。